レッグエクステンション – レバレッジ – プロタイプ

製品の特徴

クラスA・・・シートパットの厚さや革の仕様、マシンの塗り仕上げなどの工程において丁寧に作成されています。シートパット、ボディカラー変更希望の場合はこちらをお選びください。

クラスB・・・通常仕上げのみです。

・日本人の体格に合わせた独自のノウハウにて、マシンの細かいサイズ調整や可動部分の工夫を施しています。

・脛のパットの位置が自由に調節ができるので、脚の長さや体系的特徴に合わせた細かいセッティングが行えます。

・このマシンに施された細かい工夫によって、従来のレッグエクステンションマシンと比べて、対象とする筋へのベストなフォームを整えられます。
プレート式のマシンによりカウンタープレートの位置が動作中の日本人の体格に合い、これにより、骨盤前傾の自然保持、大腿部前面の収縮位からストレッチをかける時、動作中の筋に対する負荷の掛かり方のベクトル方向が、筋肉の動作の軸からぶれにくく、フォームが格段に安定いたします。
従来のレッグエクステンションマシンで膝を傷めやすいトレーニーの方などに、お勧めです。好みのセッティングが可能ですので、動作中のリスクが大きく無くなります。

・プレート式の稼働方式にて作成、大腿部前面のコントラクト~ストレッチまでどのポジションでも負荷の抜けがなく、切り返し時など驚くほどスムーズで自然な動作を可能にします。それにより、膝への切り返し時にかかる負担を軽減することが出来ます。

・背もたれから膝までのシートの長さがあり、座るポジションによってコントラクト(収縮位)とストレッチの種目に分けることが可能になり、また、座席のシートの傾斜角度が少ない為、大腿部の起始まで無駄なく収縮を感じることが出来ます。
シートの横幅もあり、股関節の方向に自然に動作を行えるため、従来のレッグエクステンションマシンでは感じにくかった、外側広筋を意識して鍛えることも可能になりました。

●ターゲットとなる主な筋肉
大腿直筋、内側広筋、外側広筋

鈴木克彰のスペシャルポイント

・マシンの主要フレームの鉄はクラスA(通常より分厚い)を基本として、堅牢強固に作成
・結合ボルト類は鉄より強固なステンレスを使用
・プレートバーのサイズ50mm、38mm等々、どんな状態にでもオーダー可能です。
・マシンの消耗部品「可動部、ワイヤー、各種ピン、ボルト&ナット、パッド」等々、交換パーツ式に工夫して作成していますので故障は、主に消耗品の摩耗になります。
それらをリーズナブルなパーツ交換でアフターケアも整えております。
マシンの主要フレームは特筆して堅牢強固ですので末永く使用できます。