サイドラテラルマシン – プレートロード – プロタイプ

製品の特徴

クラスA・・・シートパットの厚さや革の仕様、マシンの塗り仕上げなどの工程において丁寧に作成されています。シートパット、ボディカラー変更希望の場合はこちらをお選びください。

クラスB・・・通常仕上げのみです。

・日本人の体格に合わせた独自のノウハウにて、マシンの細かいサイズ調整や可動部分の工夫を施しています。

・座席のシート部の位置が自由に調節ができるので、手の長さなど、体系的特徴に合わせた細かいセッティングが行えます。

・このマシンに施された細かい工夫によって、従来のマシンと比べて、対象とする筋へのベストなフォームを整えられます。
マシンの可動部の支点が日本人の肩幅のサイズに施され、従来のマシンに比べ、動作中の肩位置のズレ、また、僧帽筋の関与による首のすくみが無くなり、動作中のフォームが安定いたします。従来のサイドラテラルで肩や首を傷めやすいトレーニーの方などに、お勧めです。好みのセッティングが可能ですので、動作中のリスクが大きく無くなります。

・プレートロード式の稼働方式にて作成、三角筋のコントラクト~ストレッチまでどのポジションでも負荷の抜けがないよう、滑車の位置・肩幅の位置がカスタマイズされており、切り返し時など驚くほどスムーズで自然な動作を可能にします。従来のマシンで、切り返し時、肩や肘に負荷が分散してしまい、傷めるリスクが高いこともありますが、肩関節の位置に合ったマシン可動部が一定の負荷を安定して伝えることで三角筋から負荷を逃がしません。

・背もたれのシートをカスタマイズ。従来のマシンではシートが垂直に設計されており、プレス動作を行った際、頸椎にかかる負担が強く、首を傷める可能性が高いですが、シートの頭の部分に傾斜をつけ、頸椎にかける負担を軽減させることが出来ます。
また、グリップもパラレルグリップ~オーバーグリップなど、多種にわたり動作を行うことが可能な為、肩を傷めて、ショルダープレスを行えないトレーニーへ大変お勧めです。

●ターゲットとなる主な筋肉
三角筋

鈴木克彰のスペシャルポイント

・マシンの主要フレームの鉄はクラスA(通常より分厚い)を基本として、堅牢強固に作成

・結合ボルト類は鉄より強固なステンレスを使用

・プレートバーのサイズはオーダーできます。
プレートバーのサイズ50mm、25mm等々、どんな状態にでもオーダー可能です。

・マシンの消耗部品「可動部、各種ピン、ボルト&ナット、パッド、グリップ」等々、交換パーツ式に工夫して作成していますので故障は、主に消耗品の摩耗になります。

それらをリーズナブルなパーツ交換でアフターケアも整えております。
マシンの主要フレームは特筆して堅牢強固ですので末永く使用できます。